動画ギャラリーへ
今日の一枚へ

ようこそ法華院温泉山荘へ

坊がつるの北西稜に位置する山荘は、鎌倉時代を開基とする
九重山法華院白水寺として栄え、天台宗の一大霊場でした。
明治の世になり信仰の山から登山の山へと変化する中、山宿を始めたのが、1882年です。
坊がつる讃歌やミヤマキリシマで多くの登山者に親しまれ、
また九重連山の中心としても四季を通じて賑わいをみせています。
九州最高所の温泉に浸り、星を眺め、五感をリフレッシュさせて鋭気を養う
パワースポットとしてご利用下さい。

くじゅう連山・山荘 NEWS!

法華院温泉別館 花山酔