wdcro HTML Template

山荘情報


山荘のご案内

客室紹介

個室は20室ほどありますが、ほとんどが六畳の広さです。
内、特別室が4部屋あり、大船山側に窓が一つ多くあり、鍵がかかります。
(特別室以外に鍵はありません。) 
テレビも何もありませんが、何もないというのが、山小屋の味なのです。

個室が満室となると、120人収容の大部屋となります。
120畳部屋で、ハイシーズンともなると一人一畳となります。
まるで収容所のようだという人もいますが、山好き同士の出会いの場ともなり、
根強いファンは多いのです。

食堂

一度に百人ほど食事することができます。
床は板張りで、柱は独特の形状で、なかなか趣があります。
大型テレビもあり、衛星放送を楽しむこともできます。
山奥とはいえ世界の情報がこの食堂で手に入るのです。

温泉

2003年5月、旧大浴場跡にリニューアルオープン。
風呂に浸かると正面に大船・平治・立中の三山が目に飛び込んできます。
外にはオープンデッキもあり、ぬくもった体をさましに、景色をながめに、
星を見に、ゆっくりとした時間を過ごしています。
寄り所(休憩 所)も併設され、
鳴子川の音を聞きながら飲むビールは至福の味との評判です。
泉質は単純温泉。神経痛や疲労回復に効果あり。
登山の疲れを吹き飛ばし、明日の鋭気を養う温泉です。

景色がいいという事は、当然のぞかれる率も高いという事で、
女性風呂にはブラインドが備え付けられております。
外のデッキに出るときは勇気がいるようです。よく見えるので、
あるレポーターが「まっぽしの湯」と命名しておりました。
横の写真は寄り所から見える大船山です。

トイレ

法華院のトイレは、おそらく山小屋では1、2位を争うくらいのきれいさです。
数年前、大改装を行い、どなたでも安心して使用できるトイレとなりました。
足腰が弱い人のため、洋式も完備しております。
もちろん浄化槽完備です。


2017年行事お品書き

日程 行事 内容
2月9、10日 苦渋登山 真冬の久住と大船の池を巡ります。日常では味わえない体験を!!
アイゼンが必要です。
4月1、2日 第17回法華院温泉開山祭 金剛宝寺のお坊さん方に来ていただき山の安全祈願を行います。夜は田野神楽社中の舞をお楽しみください。2日の山頂祭、今年は星生山で!
4月29日 パハルフェスタ 今回は「山小屋で会いましょう!」など数多くの山の著書をだされている鈴木みきさんをゲストにお招きします。
6月4日 第65回くじゅう山開き 久住山頂で安全祈願やペナントの配布が行われます。
6月17日 山ごもりジャズ 静かな山の中でジャズ音楽を聴きませんか?本格派ジャズミュージックをぜひ!!
8月6日 くじゅう慰霊の日 御池(みいけ)の上にある慰霊碑にて慰霊祭を行います。
8月9、10日 苦汁登山 2日間かけて、くじゅう連山の名だたる峰々を練り歩きます!夜は生ビール(苦汁)飲み放題!!
8月11日 山の日 祝日になって早2年、せっかくなんでみんなで山に来ませんか?
8月19、22日 白馬三山ツアー 姉妹提携小屋の白馬鎚温泉を巡ります。詳細はお問い合わせください。
8月20日 すすきのコンサート プロオカリナ奏者、和田名保子さんと愉快な仲間たちによるコンサート
9月2日 かたりべの夜 誰がゲストかは当日の夜までシークレット!お楽しみに!
10月17、18日 紅葉写真教室 山岳写真家の藤田晴一先生を講師にお呼びし、山岳写真のレクチャーをします。次の日は一緒に大船山の紅葉を撮影しに行きます。
10月23日 新井英一コンサート 9回目を迎える、ブルースシンガー新井英一さんのライブ。リピーター多数坊がつるに響き渡る魂(ソウル)を是非!!!
11月9日 法華院の会 法華院・坊がつるにゆかりのある方々が集まります。新人大歓迎!!
11月11日 初冠雪コンサート バイオリン・チェロなどの楽器を使った弦楽四重奏によるコンサート。木造の山荘は弦楽器との相性が良く、見事に響き渡ります
12月23日 感謝祭 一品持ち寄りの山小屋忘年会!一年でこの日だけ吉部登山口からの送迎が可能!!山荘スタッフの出し物もお楽しみいただけます!!!td>
12月31日 越年祭 山で新年を迎えてみませんか?夕食後にはお楽しみ抽選会も行います。翌日の朝は鉾立峠にご来光登山!

・各イベントとも定員がございます。
・満員になりしだい募集を締め切らせていただきます。
・詳しい内容は山荘携帯(090-4980-2810)までお問い合わせ下さい。

●料金について
10月~翌4月までは別途「季節料」として500円加算されます。


法華院温泉の効能

1.源泉名 法華院温泉山荘
2.泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム 硫酸塩泉
3.泉温 源泉/43.2度 
4.成分表 (1kg中の組成及び分量)

分析年月日/平成20年11月25日
分析機関/大分県薬剤師会検査センター

1. 浴用禁忌症(入浴してはならない病気等)
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、
出血性疾患、高度の貧血、その他一般的に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
2. 浴用適応症(入浴して効く病気等)
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、
痔疾、冷え性、病後の回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病
3. 入浴の方法及び注意

(1) 入浴中は安静にし、入浴後は休息をとる。
(2) 熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意すること。
(3) 入浴時間は、はじめ3~10分が良い。
(4) 最初の数日間は、入浴回数を1日1回とし、その後は1日に2~3回までとする。
(5) 入浴を始めて3~7日後に<湯当たり>が現れることがある。そのときは1~2日休浴して
再び入浴をつづける。
(6) 温泉治療に必要な期間は2~3週間である。
(7) 原則として、次の疾患の者は高温浴(42度以上)は禁忌とする。
(高度の動脈硬化症、高血圧症、心臓病)
(8) 入浴後は、身体に付着した温泉成分を水で洗い流さないこと。
(湯ただれを起こしやすい人は入浴後真水で身体を洗うか、拭きとる。)
(9) 食事の直前、直後の入浴は避けることが望ましい。
(10) 飲酒しての入浴は特に注意すること。
4. 飲用禁忌症
5. 飲用適応症
6. 飲用上の注意
温泉飲用を行う場合には、飲用分析を受け、飲用許可を受けなければ飲用できません。
必ず飲用許可を受けてから飲用してください。

1. 加水及び理由
無し
2. 加温及び理由
入浴に適した温度を保つため気温の低い期間加温しています。
3. 循環(ろ過)及び理由
無し
4. 入浴剤物質名称及び理由
無し
5. 消毒処理方法及び理由
無し

山荘の人気商品

書籍

九重山 法華院物語 山と人 2,400円

日本の秘湯 850円

大分百山 1,500円

九州百名山地図帳 3,360円

小屋番三六五日 1,680円

大分県の山 1,575円

CD.DVD

DVDくじゅう登山ガイド 2,980円

CD九重山歌 1,500円

CD法華院山歌 1,000円

温泉の素

温泉の素 250g 750円

温泉の素 25g 3個入り 150円

Tシャツ

山女・山男T 2,100円

冥土のみやげT 2,000円

ダクロン長袖T 3,000円

ダクロン半袖T 2,500円

その他

パノラマ 300円

絵葉書 9枚 100円

二重小物袋 1,000円

アイスバック 1,500円

オリジナルピンバッチ 500円

バンダナ


法華院の歴史

この地に明和7(1770)年より伝わる「九重山記」によると、正中元(1324)年、人皇2代綏靖天皇を奉請して、12所大名神として祀ったのに始まり、 文明2(1470)年、英彦山より養順法印が入山し、修験道場を建立、法華院白水寺と呼ばれるようになった。 戦国時代に大友、島津の争いに巻きこまれ堂塔全てを焼失し、一時衰退をするが、11代目に勝光院豪尊という傑僧が出て、苦行の後 院を再興し、慶安2(1649)年、現存する十一面観音と不動明王と毘沙門天(写真)を安置した。 江戸時代になり、竹田岡藩の祈願所として、武運長久、家内安全を祈願するとともに、国境の警備の任にもあたっていた。 明治になって神仏分離となり、岡藩からの禄もなくなり、4つの支院は山を下り、弘蔵坊だけがこの地に止まった。 明治15年に火災により、本坊及び支坊は皆焼失した。 この頃には登山をする人も多くなってきたので、24代弘蔵孟夫が山宿を始めた。法華院温泉山荘の創業である。 戦中、戦後も多くの登山者によって支えられ、弘蔵祐夫、岳久と受け継ぎ、宿としては、現在3代目、お寺としては26代目となる。


法華院バックヤード

近日公開予定!
 しばらくお待ちください。


ご利用料金

お品書き

1泊2食付 (寝具付) 特別室 (4部屋) 一般
小学生以下
9,500円
7,500円
個 室 (22部屋) 一般
小学生以下
9,000円
7,000円
大部屋 (120畳敷) 一般
小学生以下
8,500円
6,500円
素 泊 (寝具付) 一般
小学生以下
5,500円
4,500円
ログハウス (毛布・マット付)) 丸太小屋 (4棟) 6~8人用
20,000円
バンガローA型 (マット付) (2棟) 6~8人用
15,000円
バンガローB型 (マット付) (4棟) 6~8人用
11,000円
バンガローC型 (マット付) (4棟) 3~4人用
10,000円
登山弁当 (当日予約) 1個
700円
入浴料 1人1回
500円
マ キ 1束
500円
毛 布 1枚
300円
入村料 (テント持参者のみ) 1人1日
300円
ログハウス暖房料 1日
2,000円
●料金について
2017年9月1日より特別室、個室、大部屋のご宿泊料金を500円値上げ致します

厳 守  雨具は必ずご持参下さい。

宿泊の際は、必ず電話予約をして下さい。(飛び込みはお断りする場合がございます。)
※宿泊当日正午までに連絡なくキャンセルした場合は、宿泊料金を全額いただきます。

バンガローにお泊りのお客様には、入浴料金が含まれていませんので売店にてお支払い下さい。

その他 加盟団体、契約会社は特典がございます